貴金属の買取で偽物が持ち込まれた時の見分け方

###Site Name###

金の相場は、ここ10年ほどで3倍ほど上がり、今もまだまだ上がり続けていいます。
そして高騰と同時に金を買取るお店も増えました。


昔は貴金属買取店というのは入りずらく、あまり知られていない事もあり、一般の生活には馴染みががなかったのですが、今では様々な形態の買取店が出店され気軽に利用できるようになりました。

中には食料品、衣料品のお店が集まるモールの中に入っており、ついてに立ち寄れたり近寄りがたいようなイメージを払拭することができ、より身近に利用出来るお店になりました。

個人から古物を買取るため、成人以上が対象で身分証も必要となります。

こういった気軽に持ち込めるお店が増えたこともあり、悪質な持込も増えるようになりました。それは偽物の持ち込みです。


今の偽物はとても巧妙な作りをしており、刻印はもちろん比重と呼ばれる数値までしっかりと出せるように作られています。比重というのは、その金が本物かどうか、そしてどれだけの金が含まれているのかという含有量をを示す数値のことを言います。
アクセサリーなどの小物類であれば、比重計というものを使用してすぐに含有量を計測することができますが、数値がぴったりすぎたりするのも怪しいです。

刻印もしっかりあったとしても、造幣局のホールマークと呼ばれるマークがなかったり、刻印があまりつぶれておらず、レーザーで掘ったようなきれいすぎる刻印も要注意です。



そして持ち込まれたアイテムにもよります。重さがものすごくあるペンダントトップだったり、1点でものすごく重さがあるものだったり、実際に身につけることを考えたときに不自然が目立ちます。

あとは持ち込んできた人にも注意が必要です。
査定中にやたらと話しかけてきたり、どうしても今日中に現金がほしいと言ったり、まくしたてるように査定を急かしてきたりと、行動にも不自然さが現れます。



迷った時は買取をやめておいた方が安全です。

重さがあるものの買取はかなりリスクがあるので、一度預かってしっかり査定したほうが良いですが、今日中に現金を、預かるならやめるとい方もいらっしゃるので、一度預かるという言葉を出して反応を見てみるもの偽物の持ち込みかどうか判断できるひとつの方法です。



偽物をつかまされないように、持ち込んだアイテムもそうですが、人を見て、総合的に冷静な判断をしましょう。

心斎橋の金買取の詳細は専用ホームページで紹介しています。

神戸の貴金属買取情報ならこちらをご利用ください。

オリジナルプリントの写真情報探しのヒントをお教え致します。